読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんべえ御朱印道

御朱印と、酒場を淡々と紹介。ひとり旅が好きな人向け

第12番 蛸薬師堂

浄瑠璃山 永福寺 京都十二薬師12番。 中央には本尊の「蛸薬師如来」の文字が押された正円の印。 真ん中の墨書も「蛸薬師如来」とある。 左下は「永福寺印」。 曲線が独特な字体は、まさしく蛸が脚をくねらせる様を思わせる。 欧州ではデビルフィッシュなどと…

第11番 本能寺

本能寺 日蓮宗の御朱印は、他宗とは些か趣を異にする。 墨書「妙法」はその特徴のひとつである。 中央の印は織田家々紋「五ツ木瓜」。 その円周囲に「信長公御廟所」「大本山本能寺」の文字。 右下にも同じく家紋あり。付随して「歴史を訪ねて」「信長」「本…

酒場 #4 松川酒店(烏丸)

大丸京都の建物の東沿いの道を少し進むと、 松川酒店の看板を掲げた、仕舞た屋風の建物が見えてくる。 繁華街の中にあって、その落ち着いた構えが却って妙味を醸出している。 店内の賑わいは、小さな戸口からは窺い知れない。 性別や国籍を問わず、一人客か…

第10番 革堂

霊麀山 行願寺 革堂 西国19番。中央の宝印は本尊の千手観音を表す。 左下の角印は、掠れて判読しづらいが「革堂」とある。 墨書、右より「奉拝」「革堂」「行願寺」。 寺町通を北に進み、京都市役所の傍を過ぎると、 沿道には古美術商や茶舗などが立ち並び、…

第9番 六角堂

紫雲山 頂法寺 六角堂 西国18番札所。 本尊・如意輪観音を示す種字を据えた火焔宝珠印を、 「六角堂」に因み六角形の枠で囲っているのが特徴的。 烏丸駅からごく近い市井の寺。 わが思ふ 心のうちは 六つの角 ただ円かれと 祈るなりけり とは六角堂の御詠歌…

酒場 #3 たつみ(河原町)

たつみは、河原町駅から裏寺町通にはいってすぐという好立地。 狭い入口から中を窺ってみれば、まだ夕刻にもかかわらず、 すでに先客が大勢詰めており、その活況ぶりに驚かされた。 メニューは定番から旬のもの、珍味まで幅広い。 壁面を埋め尽くす短冊の中…

第8番 矢田寺

金剛山 矢田寺 「矢田地蔵尊」の墨書が示す通り、地蔵菩薩を本尊とする。 中央下にはその本尊を型取った御影が押印されている。 「一毛縁」の語は「矢田地蔵縁起絵巻」にも登場する 地蔵菩薩のせりふを由来とする。解釈すると、 一本の毛のようにわずかな縁…

第7番 誓願寺

誓願寺 新西国15番。新西国では対象の霊仏を、 本尊の阿弥陀如来ではなく、その右に祀られる十一面観音とする。 よって観音菩薩を示す「大悲尊」の墨書がなされている。 中央の菱形の朱印は、「仏法僧宝」を記した三宝印。 左下の寺号印の白抜き部分は「洛陽…

酒場 #2 京極スタンド(河原町)

洋服店、カフェから神社仏閣に至るまで、 新旧様々な文化が入り乱れる京都屈指の繁華街・新京極通。 そんな喧騒の一角に悠然と佇み、 円熟した風格を漂わせる酒場が、京極スタンドである。 昭和2年開業のこの老舗には、昭和モダニズムの世界が今もそのまま…

第6番 誠心院

華嶽山 東北寺 誠心院 本尊は阿弥陀如来。 中央にはその種字をあしらった宝印が大きく押されている。 右上には「第拾番」という番号印。何の第10番なのかは不明。 左下、寺号印の代わりに「和泉式部」の文字が。 誠心院は和泉式部寺とも称される。誠心院とい…

第5番 仲源寺

寿福山 仲源寺 「目疾(めやみ)地蔵」の名で親しまれる本尊の御朱印。 眼病の治癒に御利益があるとされる。 中央下に「雨奇晴好」の印。門に掲げられた扁額にも刻まれている文言である。 これは北宋の詩人・蘇軾の作品から取ったもの。 雨天と晴天、それぞれ…

第4番 建仁寺

東山 建仁寺 右上の朱印「扶桑最初禅窟」は、日本で最初の禅の修行場、の意。 史実上は日本初ではないようだが、都においては最古の本格派の禅宗寺院である。 中央は三宝印といい、「仏法僧」を刻印したもの。 同じく中央の墨書「拈華堂」は、建仁寺の法堂の…

酒場 #1 きっちん(祇園東山)

六道珍皇寺の門前を東西に延びる松原通りは、 飲食店や工芸品店などで賑わう。 きっちんは、寺から徒歩約10秒の立地にある、揚げ物を専門とする店だ。 名物はコロッケ。 揚がり具合の良さは勿論のこと、油がいいので実にさっぱりとしている。 表には大きく書…

第3番 六道珍皇寺

大椿山 六道珍皇寺 小野篁の伝説が残る六道珍皇寺。薬師如来を本尊とする。 気になるのが「洛陽二十一大寺随一」の印字。詳細はわからない。 数種類の色紙朱印を授与する寺院として近年書籍などでも紹介されている。 祇園の南、松原通りに面する。六波羅蜜寺…

第2番 六波羅蜜寺

補陀洛山 六波羅蜜寺 西国17番。本尊は十一面観音。 「六波羅蜜」とは、悟りに到達するために積む六つの教えのこと。 左下には「執事」との墨書。役職名が記されるのは珍しい。 祇園の南に位置する。清水一帯には程近い。 かつて平家一門の屋敷や、六波羅探…

第1番 清水寺

音羽山 清水寺 西国16番。墨書「大悲閣」は本尊・千手観音を祀る建物を指す。 中央の宝珠印の中の梵字は千手観音をあらわす。 左下の寺名印は「清水寺経堂印」と読む。「本堂印」ではないのが興味深い。 言わずと知れた日本を代表する有名仏閣である。 一年…