のんべえ御朱印道

御朱印と、酒場を淡々と紹介。ひとり旅が好きな人向け

第6番 誠心院

f:id:drinkingboy:20150320021958j:plain

華嶽山 東北寺 誠心院

本尊は阿弥陀如来

中央にはその種字をあしらった宝印が大きく押されている。

右上には「第拾番」という番号印。何の第10番なのかは不明。

左下、寺号印の代わりに「和泉式部」の文字が。

誠心院は和泉式部寺とも称される。誠心院という寺号もそもそもは和泉式部の戒名。

f:id:drinkingboy:20150320184537j:plain f:id:drinkingboy:20150320184536j:plain

洛中随一の繁華街、新京極通沿いに人目を忍ぶようにこっそりと建つ。

王朝期、美貌や歌作の才を以て広く世に知られた女房・和泉式部が、

晩年に初代住職を務めた寺とされる。

奔放な恋愛遍歴を重ね、後ろ指をさされること度々であった彼女だが、

情熱的な生き方は人々を魅了してやまず、

後世に至るまで女性のカリスマとして愛され続けた。