のんべえ御朱印道

御朱印と、酒場を淡々と紹介。ひとり旅が好きな人向け

第10番 革堂

f:id:drinkingboy:20150428000516j:plain

霊麀山 行願寺 革堂

西国19番。中央の宝印は本尊の千手観音を表す。

左下の角印は、掠れて判読しづらいが「革堂」とある。

墨書、右より「奉拝」「革堂」「行願寺」。

f:id:drinkingboy:20150428000518j:plain f:id:drinkingboy:20150428000517j:plain

寺町通を北に進み、京都市役所の傍を過ぎると、

沿道には古美術商や茶舗などが立ち並び、

風景が俄かに古色を帯び始める。

革堂もまた、その空気と調和を保ち、

街並みの中に溶け込んでいる。